初めての方へ
メインメニュー
CD好評発売中!
CDプロモーションバナー
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 現地レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
訪問者数
今日 : 2073207320732073
昨日 : 1437143714371437
総計 : 2803700280370028037002803700280370028037002803700
平均 : 731731731
ホームページリニューアルのお知らせ

 

トップ  >  ルワンダ滞在記No2 by Ken Haraguchi  >  5月5日 ニゼレ

5月5日 ニゼレ

ニゼレは、首都キガリのムランビという丘の上の貧困層地区にある。
マリゴレティの家は学校のすぐ近くだ。
毎日のように学校に通う中で、近所の子供たちのからかいや、人々の好奇の
目にも慣れた。そして、日を追うごとに人々の警戒心がほぐれ、挨拶も
にこやかに交わせるようになっていった。
アジア人はもとより、外国人はとても珍しいのだ。
学校脇の店の前でいつも遊んでいる子が、僕が近くを通る度に家の中に
逃げ込んで、こちらを覗きみているのが可愛らしかった。

 

スタッフの朝拝の様子。
ニゼレには理容・調理・経理のコースがあり、
それぞれの専任教師のほか、ケースワーカーと
事務担当が一人ずつスタッフとして参加している。
「お金がなくて給料が払えない事もあるの。でも、
彼らはやめることなく、ここまでついて来てくれた。
本当に良いスタッフ達よ。」と、マリゴレティが言う。
礼拝や、その後の朝会の様子を見ていると、彼らが
チーム一丸になって働いているのが伝わってきた。

 

この日は、調理科の実習を見学させてもらった。

生徒たちは、とても熱心で、積極的に先生に質問をしていた。
道具も材料も少なく、設備も整っていない教室は、熱気に包まれていたように感じた。
そして、出来上がった料理はみんなで試食。僕も混ぜてもらった。
これがまた・・・お世辞抜きに、本当に美味しかった!!!

プリンタ用画面
前
5月1日 1 日目
カテゴリートップ
ルワンダ滞在記No2 by Ken Haraguchi
次
5 月6 日 卒業生がやってきた。
佐々木さんを支援する会 Copyright © 2005-2008